読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱・片付けられない女

片付けられない女が、ゆる~く片付けを実践中。 片付けネタ33%、雑記67%で書いてます。

1年間雑誌を床に置くと、3025円損をする!?

捨てた本や雑誌の量が高さにして150cmほどになったのですが、居住スペースが広がったかというとそうでもない…

床面積にして本1冊分くらいでしょうか。

 

 理由は、

  •  もともと積み重ねて置いていたから
  • 本棚の隙間にガンガンつっこんでいたから
  • これから捨てる本(中身チェック中のもの)が残っているから
  • どこかに移動させて片付いた風に見せることをやめたから

 

でも、本棚の本が取り出しやすくなったし、高さがなくなったぶん圧迫感が減りました。

「継続は力なり」と信じて頑張ります。

 

床面積から本や雑誌1冊にかかる家賃を計算してみた

条件設定

1人暮らしの平均家賃・平均間取りをもとに基本となる条件を設定してみました。

床面積から考えてみます。

  • 間取り 1K 18平米
  • 家賃 65000円
  • 雑誌の大きさ 297mm×235mm 

 

実際に計算してみた

まずは、雑誌の面積を計算 → 297mm×235mm=69795平方ミリメートル

18平米の部屋に69795平方ミリメートルの部屋で割合をだしてぇー、家賃かけてぇー、えーっとぉ・・・ 

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

3025円!!(たぶん)

 

ということで、床に置いた雑誌のために払っている家賃は年間で約3千円でした

 

ちなみに数日前に本を捨てて空いたスペースですが、確実に3年以上は本の定位置となっていましたので、少なくとも1万円以上を費やし、不要な本置き場を維持していたことになりますね…

本1冊分のスペースで1万円以上なら、私はどれだけ無駄なもの置き場にお金を払い続けてるんだろう???

結果を見るのが怖くて、計算できません・・・

f:id:obeyax:20170419153723j:plain